兼業オーナーの賃貸経営法

社内

転貸で運営をプロに一任

最近は、サラリーマンでありながらアパート経営を始める人が年々増加しています。安定した家賃収入が見込めるアパート経営は投資手段として有望であるばかりでなく、リタイア後のいわゆる私設年金としても活用できます。このような話を聞くと、人によっては「毎日会社に行って忙しく働きながらアパート経営などできるものだろうか」という疑問を持つかも知れませんが、この点も心配は要りません。というのも、現在では日常的な物件管理だけでなく、アパートの運営そのものを経験豊かなプロフェッショナルに一任できるシステムが確立されているからです。これをサブリースといいます。サブリースとは、簡単にいえば転貸のことです。オーナーはアパートをまず不動産管理会社にリースしますが、その際、管理会社がさらに第三者に物件を転貸することを承諾します。この承諾に基づき、管理会社は個々の入居者に物件を賃貸します。つまりサブリースには、オーナーと管理会社、管理会社と入居者という二重の契約が存在することになります。そのため、入居者の募集や家賃の収納、住戸のメンテナンスといった実際の管理運営業務は、すべて管理会社が行うことになります。サブリースを導入すれば、オーナーは修繕費用などを負担するだけで、実質的には何もしなくて良いことになります。また、仮に入居者が現れなくても、オーナーと管理会社の間の契約はそのまま継続します。そのため、実際の物件稼働率に関係なくオーナーには毎月定額の収入が保証されることになります。