損益通算が可能な投資

模型を持つ人

経営コストは必要経費

マンション経営によって得られた利益は他の所得との損益通算が可能です。投資方法としては必要経費が大きくなりやすいのが不動産投資ですが、積極的に必要経費を増やすことによって他の所得を相殺することにより利益を増やすという考え方もできるのは基礎として理解しておくと良い点でしょう。基本的には経営コストは必要経費として損益通算が可能です。所得がとても大きいというときにはマンション経営を赤字にすることで相殺すると節税ができるでしょう。累進課税制度のことも考慮して、税率が変わるボーダーラインの所得になっているときには特に損益通算による節税効果を高められます。計画的に経営コストをかけることによってボーダーを下回るようにするとマンション経営のメリットを大きくすることが可能です。マンション経営を節税に活用しようと考えたときに有用なのが減価償却費と管理費用です。マンションそのものも使用している設備も全て減価償却が可能なので、大きな規模のマンションほど毎年の減価償却費が大きくなる傾向があります。家賃収入から利益を得ているにもかかわらず、所得の上では赤字という形を作りやすいのです。特に古いマンションを購入した場合には既に耐用年数が過ぎている部分について減価償却を短期間で行うこともできるので活用すると節税がしやすくなります。また、管理費用は支出にはなりますが、必要経費を調節するのに有用な費用です。うまく調節しておくと累進課税のボーダーを切りやすくなります。